茶室 燕窓窠(えんそうか)

米原市指定文化財「旧田中家新座敷棟」復原事業
 この茶室は遠州流を伝える辻宗範(1758〜1840)が晩年に設計指導を行ったとされる非常に貴重な茶室である。西福寺境内に移築復原を行った。

時期 :
2017年05月
用途 :
茶室
構造 :
木造平屋建
延べ面積 :
53.72㎡
分類 :
そのほか
次のページ>>